2006年10月12日

Confessions On "Confessions Tour" Part4

ショーの後、フロアー中央でIzzyと愉快な仲間達と合流。踊りつかれて汗だく&くたくたでおしゃべりしていると、頭上にある風船の貯蓄&落下装置が誤作動し、風船が降ってきました。ワー!!!と残っていた客が駆け寄り、Izzyの友達の一人は(風船を取ろうとして?)ラグビーのキャッチよろしく席に倒れこむ騒ぎに。私も風船を持っていなかったので2個キャッチし、その後風船を探して歩いてい(るように見え)た外人女性に一個あげました。
D1000032mini.JPG
(↑会場で撮った写真。あまりに壊れていて自分でも怖いです)

会場の外に出ると、他のファン集団とも一緒になっておしゃべり。Pedroも友人と共にやってきて全員集合。確かIzzyたちがテレビのインタビューに答えてた気が・・・(そしてオーストラリア勢に混じって私もいた気が・・・)
ここでショーの乗馬セットでのマドンナの衣装と同じ衣装のファンを発見。りんださんでした!衣装が素敵なのはもちろん(本物ですからね)、ライトの飾りもLuckyStarマントの姉妹品のようで素敵。りんださんのお友達で、ダンサーのCloudに似ている印象を受けたひろかずさんともお会いしました。(お二人様、どうもです!)
のどが死ぬほど乾いていたので、おしゃべり中&停滞中のファン軍団が駅に移動するのを懇願し、ようやく駅へ(笑) みんなマドンナナイトに行くということで、全員地下鉄に乗り、梅田へ。電車内でオージーの一人が歌いだしたのをきっかけに車内でHung Up熱唱会が勃発。ビデオでも電車内が出てきたからね〜。そこで別の日本人ファンたちとも一緒に。まさにMusic makes the people cometogether。

梅田に着いたはいいが、誰も会場の場所を知らず当惑。私が何とかiモードで会場の場所を調べていると、GPSが携帯についてることにオージー達が感嘆。「そんなの前から付いてるよ」と冷静なのは日本在住のクリスでした(笑) 
駅から歩いて堂山の会場へ。気を利かして途中の店に入りフライヤーを何枚かゲットする私、偉いでしょ(笑) 中に入ると、すでに盛り上がっていました。とりあえずお酒を注文してみんなで乾杯。私は踊り狂っては(低い天井に頭をぶつけたりしつつ)、カウンターで休みながらPedroと話したりしました。
会場の換気が悪いせいか、恐ろしく蒸し暑く、ショー最中の運動も含めて汗だくの限界にきた私は一旦ホテルへ戻りました。かなりホテルと会場が近くて便利!
シャワーを浴びて着替えると再び夜の街へ(笑) Izzyやひろかずさん、Pedroにすぐ合流して踊る踊る。せっかく着替えたのに暑さは相変わらずで、すぐに汗だく。
途中Pedro以外の一行を見失ったので、二人で第二会場へ。こちらの方が広く、人間に優しい室温でした(笑) 見失った一行がいたので一緒に踊ったり、お酒を飲んだりしました。夜更けのドラッグクイーンのショーを見たりして、「限界・・・」と4時過ぎに会場を後にしました。

今日のショーの記録をつけてから5時半頃永眠。

翌17日は11時頃に何とか起床し、モスバーガーで朝食を食べたり(大阪滞在中の食事は全てファーストフードでした・・・)して、Izzy達との14時半(だったけか?)の会場での待ち合わせに遅刻。彼らが見つからなかったため、開演より早く着いた分の時間を持て余しました。グッズを買ったり(昨日の公演でファンがかざしていたグローイングスティックほか)してから会場入り。

今日の席がかなり前の方だということを忘れていたので、席についてビックリ!左ステージから二列目じゃないか!!!目の前のディスコホースの垂れ幕の近さにドキドキしていると、目の前でアジア人の人と飲み物の売り子が困っている様子。「どうかしました?」とでしゃばると、そのアジア人の人は昨日ショーの後でIzzyたちと共に少しお話したシンガポールのファンの方でした。小銭が無くて困っていたのでお手伝いしたのをきっかけに彼と話をしました二人ともIconに入ってることや今日が彼の最後のショーだということなどを話した後、ご親切にもディスコホースと一緒の写真を撮ってくれました(自分で自分を撮るのって限界があるのさね〜)。お陰で素敵な記念写真が残りました!(プロフィールの写真です)

それでも開演までまだまだ時間があり、空腹でケンタッキーの列に並んでいるところでPedroに会い、今日もまたIzzyたちが公演後に待ち合わせしている場所を教えてもらいました。
席についてチキンをむしゃぶり食べたのが開演予定時刻の17時半。それでもショーは始まらず(実際一時間押しだったそうな)、終いに私は眠くなりました。「撮影係の人がステージ上に座って待機してるからって、ショーが始まるわけじゃないのか」と痛感。

やっとこさ暗転し、ショーが開始!
posted by ryolovesny at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Confessions On "Confessions Tour" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。